メッセージ募集中!


やっぱ愛ダホ!idaho-net.では

あなたの「多様な性にYES!」

一言メッセージを今年も大募集中!

 2020/5/16(土)正午まで!

身の回りでおきたこと、感じていることや想いなど「あなたの声」を、

全国の街頭アクションで朗読したり、大学や公共施設で展示したり、

あなたの代わりに発信します。

 

メッセージの中身は、自分のことでも、身近な誰かに関することでもOKです。

「多様な性にYES!」の趣旨であれば、どなたでもご応募できます。

「あなたの声」を是非聞かせてください!

 

〆切は5月16日(土) 正午までです。

あなたの声をお待ちしています!

 

各地のアクションの予定はこちらから見られます。

 

※お寄せくださったメッセージは、各地の街頭で朗読されたり、それ以降のメッセージ展、Web公開を行う可能性があります。個人情報の開示レベルにご注意ください。

多様な性について初めて知る方にも伝わりやすい表現(専門用語を避けるなど)を心がけてください。

※このコメント欄はIDAHOのメッセージ募集を目的に作られたものです。個人を特定したものや、個人名を含むものは削除させていただく場合がありますが、ご了承ください。

 

メッセージ応募方法


下のコメント欄に入力するだけ!

 

 

応募フォーマット


① IDAHOネーム (※メッセージとともに公表してよい名前)

② 住んでいる地域/肩書き(学生、会社員など)

③ メッセージをどうぞ。(150字程度でおねがいします!)

 

コメントの書き方(例)


①あいだほさん

②関西の会社員

多様な性にYES!ここに書き込まれたメッセージは全国のアクションで発表されます。街頭で朗読したり、パネル展示に使われたりします。このサンプルが約100文字です。150字を目安に書いてみてくださいね!

※「ホームページ」欄は未記入でかまいません。

コメント: 76
  • #76

    ゆい (日曜日, 17 5月 2020 22:34)

    ①ゆい
    ②東京、社会人
    ③知らない、理解できない、自分と違う、という理由で排除されるなどもってのほかです。人それぞれと教えられて育つのに…。個性も性も、どんな人も自由に堂々と認めてもらえる社会でありますように。多様な性にYES!

  • #75

    葉月 (日曜日, 17 5月 2020 07:18)

    ①葉月
    ②東京都/キリスト教会牧師
    ③まるでツチノコやユニコーンのようにいないものとされがちなレズビアン。しかしレズビアンはたくさんいます。表に現れにくいのは、セクハラ発言を受けやすかったり、現れにくいようにされ、何かと消されてきたからなんです。いくらカミングアウトしても、ふと気づけばそのことを忘れられてきました、あるいは忘れたフリをされてきました。彼氏いるの?結婚しているの?子どもいるの?と思う人たちへ。同性愛者異性愛者問わずそんな枠組みには最初からはまらない人々、そもそもはまりたくない人々もたくさんいます。一人ひとり異なる生き方にYES、多様な性にYES!

  • #74

    なるもも (土曜日, 16 5月 2020 21:54)

    (遅くなってごめんなさい!)
    ①なるもも
    ②中国地方の田舎町/会社員
    ③自分がセクシャルマイノリティかもしれないと思い、高校時代に勇気を出して先生にそれを打ち明けたら、「そんなのは一時的な気の迷い」「マンガやアニメの見すぎではないのか」と言われたりして、理解されなくて辛い想いをした。
    それが最近は、地域によってはジェンダーレス制服の導入、会社によっては同性パートナーとの結婚休暇や家族として利用できる制度も利用できるようになり始めている。
    30年前までは「同性愛は精神異常」とされていた時代があったことを思えば、世の中は少しずつ変わっていることを実感します。
    次の30年は、都会に住んでても地方に住んでても、LGBTQの人々が自分らしく生きられるのが当たり前の世の中を目指して、微力ながらも活動していきたいと思う。
    多様な性にyes!!

  • #73

    (土曜日, 16 5月 2020 21:02)

    ①歩
    ②福島出身:学生と社会人
    この世の性のあり方は、人の数と同じだけあって、どれも大切なな個性です。あなたの性を大事にしてくださいね。多様な性にYes!

  • #72

    草冠 (土曜日, 16 5月 2020 20:07)

    健康に産まれてすくすく育ちましたが、恋人もおらず結婚もせず子供もつくりませんでした。みんながそれぞれ近くにいる人を思いやることができれば暮らしやすい社会になると思います。

  • #71

    酒井徹 (土曜日, 16 5月 2020 17:35)

    ①酒井徹
    ②レインボーなごや共同代表
    ③一部地域が今なお緊急事態宣言下に在る困難の中でをIDAHOを迎える全国の皆さんに連帯の挨拶を送ります。国の緊急事態宣言が解除された名古屋では17日に「IDAHO名古屋2020」の電話相談とアクションを行います。再び全国の皆さんと連携してIDAHOを迎えられるのを願って、「多様な性にYES」の声を名古屋からあげてまいります。

  • #70

    ぐりーん (土曜日, 16 5月 2020 17:13)

    ➀ぐりーん
    ②九州の片隅に暮らしている者です
    ③自分らしく生きられたら
     それがほんとに一番だなぁと思います
     自分らしさが否定されない、
     もちろんそれが難しいことだとも
     知っているけれど、
     少なくともその思いを忘れないで
     多様な性にYes!でいたい

  • #69

    モフモフlove (土曜日, 16 5月 2020)

    物心がついた頃から自分は女の子だと主張してきたMtFトランスジェンダーの娘がいます。
    クローズで女子として小学生に通っていますが中学受験を志すようになったため、近隣の中学に問い合わせをしています。
    が、身体も戸籍も男性なら受験資格すらないという回答の女子校も、何ヶ月も回答がない学校もあります。
    娘はただ安全に良い教育を受けたいだけで他の受験生と同じなのに。
    なぜ性自認が産まれたときに割り当てられた性別と違うという本人にはどうにもできない理由で、下半身裸にならない限り他の女の子達と同じにしか見えない娘が、不利な扱いを受けなければならないのか、差別ではないかと思います。
    性の多様性が認められ、性自認や性的指向などで差別されることのない社会になって欲しいです。
    LGBTだけに特別な権利を求めているのではなく、様々な場面で多数派と同等の権利が認められない現状を是正し、平等に権利を認めてほしいのです。
    多様な性にYes!

  • #68

    Qanda (土曜日, 16 5月 2020 15:40)

    ① Qanda (Queer Panda)
    ② Student/Stonewall Japan
    ③ Glitter and be queer!
    Even pandas wear different shades of black and white. �
    Let’s chip, chip, chip away heterosexism and cisgenderism. ⚒
    Keep in mind: there’s more than one way out!
    多様な性にYES!

  • #67

    もっちょ (土曜日, 16 5月 2020 14:21)

    (遅くなってごめんなさい!)
    ①もっちょ
    ②奈良県の学生
    ③自分らしく生きることを決めるのは自分!多様な学生さんが、過ごしやすい居場所づくりをこれからも考え続けていきたいです。多様な性にYES!

  • #66

    ヨワシ (土曜日, 16 5月 2020 13:53)

    ①ヨワシ
    ②東京のお母さん
    ③男の子として、生まれた我が子は、5年前スカートを履いて小学校に入学しました。コロナで休校中の今「コロナで死んじゃったら、女の子に生まれ変わるから死んでもいい」と言います。体の性別と、心の性別が違う子ども達は、思っているより「性」と「生」のぎりぎりを生きています。自分らしく生きる、あなたが大好きです。素敵な大人になれるから、大丈夫だよ。多様な性にYES!

  • #65

    (土曜日, 16 5月 2020 13:04)

    ①茜
    ②佐賀 SOiGIEs代表
    ③分からないこととか、決めたくないこととか、そんな曖昧な部分も含めて、もっともっと多様な性指向、性自認が溢れる社会が近い将来くることを願っています。

  • #64

    石坂わたる (土曜日, 16 5月 2020 12:54)

    ①石坂わたる
    ②ゲイの中野区議会議員
    ③新型コロナウィルス禍の中、感染症以上に怖いのが、善意に基づくステレオタイプを善しとする自粛ヤクザや同調圧力です。人の形も、善意の形も、表現のあり方も、そして理想とする社会も多様であることや違いを尊重することを大切にしていきたいですね!

  • #63

    やすよ (土曜日, 16 5月 2020 12:54)

    (遅れちゃってごめんなさい!)
    1.やすよ
    2.東京、会社員
    3.オリンピックパラリンピックのボランティアをしています。LGBTに関しては、もちろん色んなところで見聞きします。知ろうという気持ちはあっても、なかなかうまく理解できないこともあります。あと一年とちょっとで素晴らしい大会が開催されることを信じつつ、私にできることをしていきます!まずはスペイン語講座で男性女性で異なる言葉遣いを学ぶので、できることを、受講者みんなで考えてみますね。

  • #62

    藤原和希 (土曜日, 16 5月 2020 11:59)

    ①藤原和希
    ②横須賀市の会社員しながら当事者団体運営
    ③男でも女でもない性別を、20年も30年も周囲に発信し続けている方と出会いました。

    その方は戦うのではなく、周囲の方々と仲良く普通にすごすんです。

    とても勇気づけられました。誰もがひとりじゃないと改めて思えました。

    多様な性にYES!

  • #61

    パパ田 (土曜日, 16 5月 2020 11:59)

    ①パパ田
    ②ぐんまの自由業
    ③何処にいても、誰といても、セクシュアリティを隠さなくても、言わなくても自分らしく居られる社会に!

  • #60

    あかね (土曜日, 16 5月 2020 11:55)

    東京都の明るい社会人

    Tシャツ短パンだと女の子らしくすれば可愛いのにと言われ、邪魔だから結ぶと下ろしたほうが可愛いと言われる。可愛さの基準は何なのか?化粧濃くしてヒール履いて髪下ろしてメガネ辞めてコンタクトにしたら良いのか?
    自分らしさは自分で決めたい!自分らしくして初めて自分が美しいと感じる。
    皆で自分らしく生きていける世界に!

  • #59

    なかがわ (土曜日, 16 5月 2020 11:49)

    ①なかがわ
    ②富山でいろいろやっているもの
    ③どんな人でも、どんな場所でも、頑張らなくても、安心して生きていける社会を!

  • #58

    とまと (土曜日, 16 5月 2020 11:48)

    ① とまと
    ② とまとの国
    ③ いろんなトマトがあります。いろんな人がいます。それで良いんです。

  • #57

    ぱっそ (土曜日, 16 5月 2020 09:32)

    ①ぱっそ
    ②山梨

    休日には薬指に指輪をはめて、
    平日には外して仕事へ行く。
    これが私の日常。

    本当は毎日、指輪をはめて過ごしたい。でも同性パートナーの事を周りに言いにくい世の中。
    だから、わずかでも少しずつ声を上げて、世の中を変えていくんだ。1人より2人。2人より3人。みんなで社会を作っていこう。

  • #56

    なないろのたね (土曜日, 16 5月 2020 08:47)

    娘から、カミングアウトされた時、ショックではなく、あら~、そうやったとね~❗って感じでした。いろんな特徴を持っているけど、新たにそんな一面もあるんだなって❗
    自分が何たるか、はっきりつかめるまで、すごく生きづらかったと思うし、それに気づいてあげれなくてごめんねって思う。
    でも、娘がにじさんの仲間だとわかる前も、わかってからも、私にとっては娘は娘❗何も変わらないのです。ありのままのあなたでいいんだよーって。あなたは愛されるために生まれてきたんだよーって、娘には伝えたい❗この子が自分らしく、生き生きと毎日を過ごしていけることを切に願います。親にとっては、そのことが何をさておき、一番の願いだから。
    世の中にはいろんな人がいて、みんな違ってみんないい❗
    一人一人が違うから、この世に素晴らしい調和が生まれるのです❗だからこそ、お互いの違いを認め合うことができる人になりたいものですね!

  • #55

    パンダさん (土曜日, 16 5月 2020 08:42)

    娘からカミングアウトされて、
    と言われても~ 特にびっくりしたこともなく、素直にそうだったのか。というのが率直な気持ち�

    娘とは よくメールのやり取りをしたり、二人でカフェなどで平気で2時間以上話すこともある。だから、昔から性格や好きなアーティストやお友達のことも知っている�
    逆に娘もお父さんのことをよく知っている‼だから、娘の色々な個性の中に、今回のことが加わっただけだと思います。

  • #54

    ハリー (土曜日, 16 5月 2020 00:08)

    ①ハリー
    ②福岡の田舎に住んでいる人
    ③ゲイです。田舎に家族と住んでいます。「男はこうあるべき」「女はこうあるべき」という土地柄です。それでも負けずに活動していきます。多様な性にYES!

  • #53

    すな (土曜日, 16 5月 2020 00:05)

    多様な性にYES!皆が皆生きやすい世の中になります様に。都会だけでなく田舎でも生きやすくなります様に。もっともっとがんばりたいです☆

  • #52

    ゆず (金曜日, 15 5月 2020 21:38)

    ①ゆず
    ②青森の会社員
    ③30年前から変わったこともあれば、まだまだ変わらなきゃいけないこともたくさんあるんだと思います。
    見えない誰かが生きやすい世の中になっているかな?と考え続けていきたいです。

  • #51

    ジョニー (金曜日, 15 5月 2020 18:42)

    学生の頃からの大親友は勇気を出してカミングアウトしてくれました。
    カミングアウト後、彼女はすごく輝き始めました!
    彼女が輝いていると私も嬉しい。
    誰もが輝ける世の中になりますように。

  • #50

    さくら (金曜日, 15 5月 2020 16:32)

    当事者の友人がいる。
    カミングアウトしてくれる前も今も、大事な友達であることに変わりはない。
    カミングアウトするもしないももちろん自由だけれど、言いたいと思ったときに、躊躇なく伝えられる世の中であるように。
    多様性を受容する社会は、きっと誰にとっても生きやすいものになるはずだから。

  • #49

    まちゃこ (金曜日, 15 5月 2020 14:41)

    ①ちゃこ
    ②九州の会社員
    ③後輩がLGBTであることを教えてくれたとき、自身の大切なidentityを共有してくれたことが嬉しかった。感じたことはそれだけ。多様性に対してみんながオープンに話せる時代になってきている。

  • #48

    もんりん (金曜日, 15 5月 2020 14:18)

    共感はできない。しかし、理解できる。だから、多様な性を尊重する。違って当たり前だ。

  • #47

    だいさく (金曜日, 15 5月 2020 12:49)

    自分が好きな服を着て、好きな髪型をして……そんな一人ひとりが溢れる社会にしたいです!

  • #46

    TOKI (金曜日, 15 5月 2020 12:23)

    さまざな価値観「ちがい」は、人間が本来もっている個性・多様性の一つです。本来「人それぞれである」性のあり方の多様性を理解し、認め合い、尊重された、誰もが自分らしく生きることのできる社会を実現を目指しましょう。多様な性にYES!

  • #45

    Iris (金曜日, 15 5月 2020 12:00)

    ①Iris(アイリス)
    ②福岡の大学教員
    ③「LGBT当事者であること�」
    これは私を創り上げている大事な構成要素の1つ。
    これだけピックアップして特別視されたくはないけれど、無視されたら悲しく、認めて欲しいもの。
    有りのままの私を「何も変わらないよ」「良い」「好き」と言ってくれて、受け入れてくれた全ての人に感謝しています。

    あなたがあなたらしいカラーを大切に歩めるレインボーな社会になります様に…��

  • #44

    たかち (金曜日, 15 5月 2020 11:19)

    ①たかち
    ②石川県在住 福祉職
    ③好きがある・ない・わからない、いろんな人がいていい。多様なのが当たり前。

    それなのに、テレビドラマやCMは、恋愛至上主義。しかも男女の恋愛・結婚がいかにも当たり前であるかのように流れてる。

    それを小さい頃から刷り込まれてきたら、恋をするのが当たり前で、同性で恋愛・結婚なんてありえないってそりゃなるよね。

    他人は他人、自分は自分。大事なのは、周りにどう思われるかではなく、自分がどう生きたいかを選択し、自分らしくいることでは?

    性が芽生える前の幼少期から、性についての正しい知識を身につける機会、教育が必要だと思う。

    誰もが自分の性に、正直に生きられる社会になるように願います。

  • #43

    plumtree (金曜日, 15 5月 2020 09:31)

    約2年前、子が大学生になった時“自認の性”で学生生活を過ごしたいと「前例がない」と学生課窓口で断られるも様々な人の助けで「通称名」使用が認められました。
    大学との直接の交渉には“親は出てこない方がよい、何故なら保護者の承認が必要という前例を作りたくないから”と本人が言っていて、なるほどなーと思いました。

    その後、彼に続いて別の学生が通称名利用を認められたということを人づてに聞いた時、嬉しそうな顔をしていました。

    セクマイって、次々色々たいへんなことあるし、親も見守るってなんだろう?と考えさせられてばかりだけど、
    世の中は変わっていく、変えていけると、周りに感謝しながら、一歩一歩、しぶとく生き抜こうね!

  • #42

    アイルー好き (金曜日, 15 5月 2020 09:08)

    デミセクシャルを自認しています。関東の大学生です。
    高校生の頃は無性愛を自認していて、図書館でセクシャルマイノリティーについての本を読んで調べたのですが、どの本を読んでも無性愛についてはおまけ程度に半ページにしか書かれておらず、がっかりしました。
    政治経済のオバちゃん先生が、時事問題でLGBTについての話題を取り上げたときに、「このクラスには(LGBTの人は)いないでしょうけど」と言い放ち、すごく悲しい思いをしたことも覚えています。
    LGBTに限らない、多様なクィアを含めた様々な性がみんなに認められる社会になることを願っています。

  • #41

    ころ (木曜日, 14 5月 2020 20:43)

    私の親友はいわゆる性的少数者。カミングアウトしてくれる前も後も変わらず一緒に馬鹿をやってます。カミングアウトしたら仲良しじゃなくなっちゃう友達同士もいるって話を聞いたので、今回は親友からカミングアウトされてもしかしたら戸惑っているかもしれない方々へメッセージを送らせて貰います。

    友達が性的少数者だと知らされたら、もしかしたら驚くかもしれません。自分には理解できないと思うかも。でもカミングアウトしようがしまいが、その子はその子のまま、これまであなたと一緒に笑ったり泣いたりしてきたその子のままです。多分それまで意識しなかっただけで、あなたはきっとその子の持つ多様な性の部分も含めてその子のことが大切だったんじゃないかな。だって多様な性はその子の切り離せない一部で、これまであなたがみてきたその優しさとか明るさとか色んなものを形作っている1つですから。
    無理に理解しなくても良いはずです。性の話に限らず、友達だからって全てを理解できる訳がありません。でも、ほんの1つ、自分と違うことがあったからって、すぐに距離を置くのは勿体ない。だってこれまでと全く同じように、その子と一緒に笑いあえる日々を自分で捨ててしまうことになるから。
    カミングアウトされて驚いた時は思い出して欲しい。多様な性はその子の一部。これまであなたを支えてくれたその子を形作っている一部なんです。



  • #40

    ①はじめの一歩 (水曜日, 13 5月 2020 13:00)

    ②首都圏在住 団体職員 ③多様な性、頭ではわかっていたつもりで、子どもにも教えて育てたつもりだったけどその子どもから自分は当事者だとカムアウトされたら、否定的な感情はないけど戸惑ったりうろたえたりする自分がいた。子どもは私を「よき理解者」と言ってはくれるけど、誰もが「自由」に恋愛を楽しみ、当たり前にそれを話せる環境を実現したい。もっともっと知りたい。わかりたい。応援したい!

  • #39

    加治木のからすに川内がらっぱ (火曜日, 12 5月 2020 22:35)

    鹿児島県が人権基本計画を16年ぶりに改定した。
    追記のひとつとして
    『性指向・性自認』
    が記載された。
    メディアと共に性別違和のある当事者の親が訴えて理解を求めたのが10年前。
    新聞記事も『性自認』は記載されるけど
    『性指向』は『性志向』って未だに誤字なんだよね。
    これから、どんな学びをしていくか注視している。鹿児島市議会差別発言の根拠を自ら壊し再構築するくらいやらないと、鹿児島県恥ずかしい。国連の世界人権宣言を批准し、勧告に罰則がないからよかなんて、
    それこそ『人として恥ずかしいでしょ』
    同性愛嫌悪にNo。
    性的少数者の差別解消と性差別解消は両輪ですすみやんせ。

  • #38

    38番目 (火曜日, 12 5月 2020 14:58)

    「他人と違う生き方は辛いよ」と親に言われたことがある。

    自分で選べたらどれだけ幸せだっただろう?

  • #37

    あいち (火曜日, 12 5月 2020 13:28)

    普通ってなんでしょうか?一般的ってなんでしょうか?なんの基準にそう言えるでしょうか?

    人類は自分たちの手で作った枠で困ってる。生き物はそもそも多様性であり、それが本来であります。

  • #36

    クギロウ (火曜日, 12 5月 2020 09:22)

    もうそろそろいいんじゃないかな。

    違うからって人を差別したり
    自分に理解できないからって攻撃したり
    変えようがないことを無理に変えさせようとしたり

    同調圧力 前例踏襲

    それが自分を守るどころか
    どんどん生きづらく
    不自由にしていることに

    もうそろそろ気付いても
    いいんじゃないかな。

    一人一人が尊重される世界は
    あなたも尊重される世界です。

  • #35

    キヅキ (月曜日, 11 5月 2020 22:47)

    愛する人とくらしたかっただけ。生活圏のアウティングされても無自覚な偏見にさらされてもここで生きるには仕方ないと思っていた。
    ここは都会じゃないんだから。

    でも、都会に逃げたら、限界集落は消滅するよ。

    田舎の当たり前は、人権を侵害しているんだ。
    性差別と性的少数者差別は両輪で解消だ。

    同性パートナー証明がほしいんじゃない。

    人間として尊厳を保障した上で対等に会話したいんだ。
    性的少数者と異性愛者は同じ地面にたっているんだ。

  • #34

    FTMのトラック運ちゃん  埼玉のドライバー (月曜日, 11 5月 2020 22:00)

    会社ではカミングアウトしてない、わざわざする必要性を感じてないからだ。ただ、自分に正直に生きてるだけ。こんな自分が大好きだ。
    生まれ変わってもLGBTQで生まれたい。

  • #33

    なご (月曜日, 11 5月 2020 20:36)

    ①なご
    ②東京都、ほぼ無職の双極性障害
    ③Xジェンダーのバイセクシュアルです。本当に小さい頃から「なぜ異性愛(およびシスジェンダー)じゃない、というだけで差別されるのだろう?」と疑問に思ってきたほど、多様な性と共に生きてきました。自分自身の性についてもよく考えました。
    人がそれぞれ生きたいように生きられる社会になるよう、若い世代の一人として声を上げていかねばならないと思っています。
    たとえ「理解」できなくとも、存在を「許容」する社会へ。

  • #32

    あゆみ (月曜日, 11 5月 2020 20:04)

    ①えだ
    ②東京都の会社員
    ③レズビアンの友達が既婚者の恋人とその子供達と素敵な関係を築いていて、再婚を応援したいです。
    誰も困らないのだから、全てのセクシャリティの人が自由に結婚できるようになればいいのにと、いつも強く願っています。
    いつでも力になるから、頼って下さい。私にできることはなんでもやります。
    全てのセクシャリティの人が差別されない世界になりますように!

  • #31

    みりみの (月曜日, 11 5月 2020 17:25)

    「子供が産めない」……そんな考えがあるそうですが、
    人が幸せに、堂々と社会で生きていけるということが、何より価値があると思います。
    幸せで余裕がある人がたくさんいるということ。人同士が助け合える社会。そのためには差別はあってはなりません!
    子供が産まれても殺気だった社会では幸せになれませんよ……。
    わたしは多様性を支持し、差別を許しません。

  • #30

    入井光 (月曜日, 11 5月 2020 17:11)

    ①入井光
    ②静岡県の会社員

    「らしさ」とはなんでしょう。
    「女性らしさ」「男性らしさ」
    「男なんだから」「女なのに」
    なんて言葉を聞くことがあります。
    こんなふうに、「らしさ」で縛って自分や相手の可能性を狭めていませんか?

    虹の彼方に、みんなが相手らしさも自分らしさも大事にできる、そんな世界がある。と信じたい。

  • #29

    あこ (月曜日, 11 5月 2020 15:33)

    ①あこ
    ②愛知の自営業
    ③全ての人が自分らしく生きることのできる社会となりますよう。

  • #28

    そーじゅ (月曜日, 11 5月 2020 14:15)

    ①そーじゅ
    ②東京都の会社員
    ③性愛も恋愛もジェンダーも、ひとりひとりにあり方があって、それが社会通念と合っていようといまいとその人らしく生きられたらいいと切に思います。通念が柔軟になるよう、できることをがんばります!

  • #27

    匿名 (月曜日, 11 5月 2020 14:11)

    ②中部地方の学生です

    ③誰が誰を愛するか、それはその人が決めること。たとえ愛した相手が同性であっても異性であっても「おめでとう」「お幸せに」と言ってくれ応援してもらえる世の中になってほしいです。

    自分はLGBTのBで、同時にXジェンダーです。「男だから」「女らしく」という言葉が嫌いです。そういった言葉の概念をなくして、あらゆる性の人が生きやすい、そんな世の中に変わっていきますように。